2016年07月15日

思い出の・・・。

昨日とは打って変わり、温暖化とはいえ梅雨寒の真壁地方です。

気温の変化が大きく体調を崩さぬよう気をつけてお過ごしください。


以前お住まいの住宅に使われていました、腰板とガラスを再利用させて頂きました。
昭和の43年の品物になります。今ではこのような模様のガラスはなくその当時の趣が感じとれます。
その他数種類のモノがありましたが、再利用には数が足らず処分してしまったのこと・・・。

上手くデザインをすれば利用できたと今思えば残念でなりません。
他にゆがみの素通しのガラスもありましたが、どこかに仕舞い無くしてしまったと・・・>ω<

ガラス戸1.jpg


また、和室の戸には、腰板が組み込まれており、ケヤキの一枚板、しかも、玉杢!!!
再利用しない手はありません。なので、同じく和室の戸に使うことに・・・。

建具腰2.jpg

建具腰1.jpg



良い感じで仕上がりました。建具屋さん、良いモノをありがとう御座いました。







樹と土と漆喰で造る住まい  吉田材木店

樹と住宅に関する事ならに何でもお任せ下さい!!http://www.yama-tyou.com

ダイニングテーブル等の製作・販売も請け承りますので、お気軽に弊店HPよりお問い合わせ下さい!



posted by やまちょう at 19:06| 茨城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当時、これと似たポリ合板の玉杢を随分と売りました。何もわからず・・・(笑)
Posted by 放射能に強い高齢者 at 2016年07月19日 11:26
放射能に強い高齢者様、コメントありがとうございます。

それと似たタイプのモノが自宅の応接間の壁に張ってありました。突き板柄だったらまだしも、ロータリー杢のモノが・・・(;´Д`)

ロータリー杢が分からない頃は、シンメトリーになってることが不思議で・・・(笑)

張り物でさえになくなってきましたね >ω<

Posted by やまちょう at 2016年07月19日 15:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック