2018年02月04日

拘り

睦月の24日に、同業の友人から聞いてましたバイオ乾燥機の視察に行ってきました。
この乾燥機は低温乾燥で35°c〜40°cで乾燥を行うためより自然で乾燥さたモノに近く、色艶かよく高温乾燥にかけてモノと比べると、比較にならないほどの脂(ヤニ)を残してくれます。このヤニが抜けることで、樹がパサパサになります。

詳しい原理は細胞学的な事なので自分には分かりませんが・・・。

この乾燥機で出来上がりました製品を確認しましたら、色艶やヤニが出た跡がなく天乾と遜色ないと確認できました。
今回天乾材との要望があったのですが対応することが出来ず協議の上、この乾燥機の材で納めさせて頂く事になりました。


古殿製材所1.jpg

古殿製材所2.jpg 古殿製材所3.jpg

古殿製材所4.jpg 古殿製材所5.jpg

古殿製材所6.jpg

乾燥機

軍鶏2.jpg
お昼(笑)

軍鶏1.jpg
身が締まっているお肉。美味しく頂きました(*^_^*)





樹と住宅に関する事ならに何でもお任せ下さい!!
樹と土と漆喰で造る住まい  𠮷田材木店
ダイニングテーブル等の製作・販売も請け承りますので、お気軽に弊店HPよりお問い合わせ下さい






posted by やまちょう at 00:00| 茨城 ☁| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱ、最後は「食」でしたか。
で、これらの関連性はいかがなつながりが・・?
Posted by 久保敏雄 at 2018年02月05日 09:53
久保さま、コメントありがとうございます。

そうなんですよ。最後は「食」ですね。
その土地でしか食べられないモノを出来るだけ食すこれも一つ拘りです。
Posted by やまちょう at 2018年02月05日 17:14
ところで、この乾燥方式を採用している業者は
東京奥多摩地区あたりですか。
Posted by 久保敏雄 at 2018年02月06日 09:13
久保さま、コメントありがとうございます。

いいえ。
もっと近いです。
Posted by やまちょう at 2018年02月06日 19:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。