2018年03月26日

欠点か欠陥か・・・。

気がつけば弥生月も後半になり、今月が危うく一度も更新なく過ぎ去るとこれでした。
更新しないこのブログを定期的にご覧下さいます皆さま、誠にありがとうございます。
感謝の一言に尽きますm(_ _)m

五十路を目の前して最近疲れが抜けなくなってきています、やまちょうです。
今年は桜の開花が早く今週末当たりが花見頃の真壁地方です。皆さんのお住まいの地域は如何でしょうか???

一年くらい前に杉の原木を製材し、乾燥もし嫁ぎ先が決まりましたので引き直しをして納めさせて頂きました。
棟梁の希望により寸法を少しでも大きくと話か決まりました。
傷のところを省きますと八寸成(せい)に仕上がります。傷を残しますと尺二寸五分成(せい)。

杉 3-26-4.jpg 杉 3-26-6.jpg 杉 3-26-5.jpg

杉 3-26-3.jpg



耐荷重を八寸に考えれば全くOKで・・・。

どうしても、高樹齢の樹を挽きますと長年生きていますので何かしらの傷が現れます。
この傷、皆さんはどう思われますか???

杉 3-26-1.jpg 杉 3-26-2.jpg



樹と住宅に関する事ならに何でもお任せ下さい!!
樹と土と漆喰で造る住まい  𠮷田材木店
ダイニングテーブル等の製作・販売も請け承りますので、お気軽に弊店HPよりお問い合わせ下さい









posted by やまちょう at 11:32| 茨城 🌁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間から見ればキズでしょうが、本人からすれば
長い間生きてきた勲章みたいなもので含めて見てもらいたいなと言っています。
木の代理人より
Posted by 放射能に強い高齢者 at 2018年03月27日 08:58
放射能に強い高齢者さま、コメントありがとうございます。

長い間生きてきた勲章、仰る通かもしれませんね。
我々材木屋として、こう云った材を生かして貰える大工さんがまだ居ることに感謝ですね!!!
Posted by やまちょう at 2018年03月28日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。