2019年09月11日

秋田との繋がり

前回更新から、早っ二ヶ月・・・。
放置していたにも関わらず多くの方々がご覧頂いておりまして感謝の気持ちでイッパイです。
有り難うございます。

先日の台風15号の中、私用で秋田訪問をしてきました。
秋田は茨城には関わりが深い土地で一度は訪れたい所でした。

当地真壁を納めていました真壁氏。
真壁氏は関ヶ原合戦時佐竹氏に仕えていた。佐竹氏は西軍の毛利側の上杉景勝についていたとされ、この戦いに敗れ1602年に出羽国(秋田県)へ国替えを命じられて仙北市の角館に転封されました。(この時は石高の明示はなく、後に20万5千8百石(実高40万石)を与えられ常陸の半分しか与えられなかったと言います。豊臣政権下時は常陸水戸54万5千8百石で第8位の大大名で有ったようです。)
この時に家臣として真壁氏も出羽国に随行しました。

この後真壁を納めましたのは、浅野長政公で5万石の隠居料として浅野氏の領地となりました。(浅野氏は後に赤穂へ転封となり赤穂事件と繋がってゆく。)
現秋田県知事の佐竹氏は本家ではなく分家の佐竹北家で角館の武家屋敷内に住んでいるようです。

佐竹氏が納めていた当初の頃家臣一人、家老渋江政光氏が藩内の山林を調査し保護・管理に努めました。
その時に次の様に指摘をしたそうです。
『国の宝は山になり、しかれども、切り尽くす時は用に立たず、尽きざる以前に備えを立つべし、山の衰えはすなわち国の衰えなり。』

う〜ん・・・。
『国の宝は山になり、山の衰えはすなわち国の衰えなり。』
深いな・・・。


久保田城4.jpg

久保田城5.jpg

久保田城6.jpg

久保田城7.jpg

久保田城1.jpg

久保田城2.jpg

久保田城3.jpg

また、能代に行ってないので、次回は能代の製材所に行く事を目標としましょう♪

樹と住宅に関する事ならに何でもお任せ下さい!!
樹と土と漆喰で造る住まい  𠮷田材木店
ダイニングテーブル等の製作・販売も請け承りますので、お気軽に弊店HPよりお問い合わせ下さい
posted by やまちょう at 18:00| 茨城 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずいぶんと深いつながりがったあのですねえ。
参考になります。
Posted by 久保敏雄 at 2019年09月12日 10:42
久保敏雄さん、いつもコメント有り難うございます。
完成形ではないものをUPしてしまいました。

学校の歴史は面白くないですが、これに郷土史が絡んできますと非常に面白いし知りたくなります。
ある時期佐竹氏が全国の大名の中の8位だったとは・・・。
これは凄い!!!やっぱり茨城県は米処なんですねぇ〜

Posted by やまちょう at 2019年09月12日 15:20
ひょんなところでつながりってあるもんですね。
私も歴史は大嫌いだったですが、自分の仕事に関係した部分とかを
感じると親しみがわいてきます。
いかに自分が生きていた時代が「瞬間」であるか
わかりますね。
今の政治にこういう長期的な見方をする人がいたらば
こんな木材事情にはならなかったかもしれません。
Posted by 久保敏雄 at 2019年09月13日 08:07
久保敏雄さん、コメントありがとうございます。

>私も歴史は大嫌いだったですが、自分の仕事に関係した部分とかを感じると親しみがわいてきます。

仰るとおりで身近になると身近に感じ興味が湧いてきますね。

>今の政治にこういう長期的な見方をする人がいたらば、こんな木材事情にはならなかったかもしれません。

そうかもしれませんね。
深い言葉です。
Posted by やまちょう at 2019年09月16日 11:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。