2019年10月30日

なんだかなぁ〜・・・( ̄。 ̄;)

今秋は風水害に見舞われてしまいました。
被害に遭われました皆さまにお見舞い申し上げます。

中世の火起こし機のまいぎりを7月に製作致しました。
このblogにも掲載しましたが、先日試しに火を起こしてみました。
動画では簡単に起こせていますが、火が起きるまで色々軸の材種や木板の材種をあれこれと試してみました。

軸を堅木の樫・欅で木板を桐で行った結果・・・NG
桧と桧も・・・NG(結構良い感じだったけれど)
樫と桧も・・・NG
檜と欅も・・・NG

力を入れすぎた挙げ句檜の軸を折ってしまい挫折・・・>ω<
軸の加工もする気力が無くなり、以前ホームセンターで買い求めたラミンの丸棒をヤケクソで軸に使うことに・・・。

ラミンと檜・・・
なっ!!!!
ナント!!!!
いとも簡単に火種が出来るではありませんか・・・(゜o゜;;

成功率100%

相性って大事なんですよね〜

(途中着信音が入りますのでご了承くださいませ)


結局、既製品にヤッツケられた事になってしまいました・・・>ω<
でもこれで、町内会のイベントに使えることになりました。



樹と住宅に関する事ならに何でもお任せ下さい!!
樹と土と漆喰で造る住まい  𠮷田材木店
ダイニングテーブル等の製作・販売も請け承りますので、お気軽に弊店HPよりお問い合わせ下さい
posted by やまちょう at 17:34| 茨城 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラミンですか・・・、
何とか国産で着火できると良いですね。
Posted by 久保敏雄 at 2019年11月06日 12:18
久保様、コメントありがとうございます。

ラミンと檜の相性が素晴らしくイイです。
一分半で着火で来るなんて(^^)

主軸に長さが700mmですがこれを15〜18mmに仕上げることが難儀で
国産材で探し当てることは・・・。

取りあえずイベントでの使用は今回で終了なので、製作も一段落にしようと思っています。
Posted by やまちょう at 2019年11月29日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。