2011年08月05日

またまた

ホントこの時期はアタマの中じゅう祭りです。祭りの動画でゴメンナサイ。
自分的にはひな祭りも大事なのですが、もっと世の中に人に真壁のお祭りを知ってほしいのでUPします。『またかよ』って言わずご覧下さい!!!

この動画を見て是非来年は真壁の祭りに足を運んで頂きますようにお願い致します。
『毎年7月23日から26日です。日にち固定で行っています。』


↑還御見送りです。

最大の見せ場です。観客の方々を山車に挟まれないようにしなければなりません。

山車の前に御神輿があり、その御輿を神社に戻さないしている所です。



↑先ほどの続きです


↓25日の各町若衆引き廻し後の各町山車の共演です。旧郵便局十字路の真ん中で行っていますので回転がメインです。


↑高上町



↑上宿町



↑新宿町



↑私の町内 仲町



樹と住宅に関する事なら吉田材木店に何でもお任せ下さい!!http://www.yama-tyou.com



posted by やまちょう at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

あとのまつり!

7月30日、御大儀が行われました。ご覧の皆さんは、聞き慣れない言葉のことでしょう。私本人もよく言葉の意味が分かりませんが、お祭りの後、世話人(祭りを取り仕切る人を言う)が「ご苦労さん会」を開く飲み会の事を指す言葉で、真壁独特の言葉だと思います。

この御大儀が終わりますと、お祭りが終わります。









樹と住宅に関する事なら吉田材木店に何でもお任せ下さい!!http://www.yama-tyou.com



posted by やまちょう at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

ことも無く・・・

23日から26日まで行われました、真壁祇園祭典が終了しました。私の町内「仲町」は無事に事もなく山車運行が出来ました。若衆頭を始め山車運行責任者の皆さん、お疲れ様でした。我々世話人の「事故を起こすなよ」と言葉のプレッシャーの中、勇壮かつ切れのある山車運行を見てくれました。26日の還御(御輿が神社に戻る事)の時は観客の皆さんも、山車がすれすれに来るのを満喫した様子で喜んでいた方が多かったように感じられます。年々山車の引き回しが上手になってきましたね。

このブログをご覧の方で、来年は是非間近に見て見たい方は、弊店HPのお問い合わせよりメールにてご連絡頂けますようにお願い申し上げます。

2011年7月25日 各町若衆引廻し、手打終了後各町共演の仲町の山車の様子です。



個人的には26日還御の方が好きなのですが・・・この日の山車の運行は難しい!!!

樹と住宅に関する事なら吉田材木店に何でもお任せ下さい!!http://www.yama-tyou.com





posted by やまちょう at 15:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

お待ちかねの

ここ最近、会う人に「暑いですねぇ〜(..;)」と合い言葉のように挨拶している自分が居ます。
思考回路がパンクしたように会う人会う人に言い続けています。この暑さどうにかならないのでしょうか???

さて、7月8日にこのブログでお伝えしました「真壁祇園祭」があと一週間ほどになりました。
慌ただしく準備をしている最中です。祭典に必要なモノなどの発注漏れは無いか?など気が抜けないところです。

16日は、祭典事務所兼山車車庫になるところの草刈りをしてきました。更地なので毎年プレハブをリースで借りています。その搬入が今日だったので世話人仲間と草刈りを行ったわけです。

祭典事務所.jpg


若衆さんの手を借り、昨日刈った草をゴミ袋に入れ収集しました。暑い中手伝ってもらい有り難うです!!若衆さんのパワーに感謝です!

昨日は、山車の出庫を午前8時より行いました。当地区に車庫が無い為、別なところに車庫を借りてありそこから、祭典事務所まで回送車で持ってきます。

到着後は、不具合の修理・調整を行います。以前は出庫の時に飾り付けも進めていったのですが、悪戯をされた時があったので23日当日に行うようになりました。

出庫.jpg


山車出庫の様子


出庫2.jpg


祭典事務所到着


出庫3.jpg


車軸・ワッパの点検中

車軸・ワッパ(車輪)供に弊店が製作させていだだきました。


樹と住宅に関する事なら吉田材木店に何でもお任せ下さい!!http://www.yama-tyou.com



posted by やまちょう at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

文月の祀り事

ポスター.jpg
何度も、このブログで取り上げていますお祭りの告知です。


七月二十三日(土)

御神輿渡御 午後四時 五所駒ヶ瀧神を社出発 (雨天決行)
御神輿お借り屋到着 午後七時頃(概ねの時間です)到着時間は決まりが無いので。


七月二十四日(日)

園児山車引き廻し 午後三時〜 (雨天中止有り)
子供山車引き廻し 午後四時四十五分〜(集まり次第出発・御輿参拝 午後五時十五分〜午後五時二十分・雨天中止有り)
若衆山車引き廻し 午後七時〜午後十時まで(御神輿参拝 午後八時十分〜午後八時二十分)


七月二十五日(月)

子供山車引き廻し   午後四時〜(集まり次第出発・雨天中止有り)
若衆各町山車引き廻し 午後六時五十分集合 午後七時出発 手打ち解散 午後九時十分(雨天中止有り)


七月二十六日(火)


子供山車引き廻し 午後四時〜(集まり次第出発・雨天中止有り)
若衆山車引き廻し 午後六時四十分出発 (予定・変更有り)
御神輿還御    午後六時五十分 お借り屋出発 (手打ち・解散概ね午後九時四十分頃 雨天決行)


上記の子供山車運行時間は仲町の場合で、各町各々時間が違いますのであしからず。


華上げ.jpg


↑華上げ

お目出たい事があった家に伺いお祝いをさせて頂きます。

見送り.jpg


↑御神輿お見送り

御神輿還御、御神輿が神社に戻ってしまうと、お祭りが終わってしまうので御神輿を帰さないように通り道を塞いでいます。


途上祭.jpg


↑途上祭

各町内二ヶ所、休憩場所がありこの場所を「庭」と呼び、祝詞を上げます。



樹と住宅に関する事なら吉田材木店に何でもお任せ下さい!!http://www.yama-tyou.com


posted by やまちょう at 19:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

お調子物

私の町内では、祭り囃子を「お調子」と言います。
お祭りには欠かせないモノ。イヤイヤそうじゃない!絶対無ければいけないモノ。
過去に、私が若衆頭(山車に関わる若い衆を束ね、山車の動きの善し悪しがこの責任者の提灯の振り方によって決まる)を務めさせた頂いた時に私の出来から一度だけお調子を止めて山車を運行せぃ!!(私が知る限り運行時間内にお調子を止めた事は一度も無い)と幹部より指導がきました。(ここで言う幹部とは水無月の記事にチョットだけお話をしました世話人を指導する世話人経験者の方々を言う)

このときは流石にブルー入りましたね・・・



バチ.jpg


朴のバチ 長さ47cm 太さ3cm


そのお調子に必要なバチを求めに栃木市まで足を伸ばしました。県内にも太鼓屋さんはあるのですが、この太鼓屋さんは弊店が出品しています市場のお客さんで弊店のケヤキ材も買って頂いた事もありそれがご縁で数年前にもお世話になりました。


鋸.jpg
茨城県内は元より各地に「胴」を卸しているようです。ご存じの方も居るとは思いますが「胴」とは皮と皮の間にある木製の部分です。大きな太鼓になりますと、外国の木材を使用したりします。この「胴」直径の大きさにより高い低いのが決まります。大きい物は低く小さい物は高くなります。

この太鼓屋さんに訪れたのは今回で2回目なので少しだけ作業場を覗かせて頂きました。ちょうど、胴をくり抜く作業の下ごしらえの時でした(うぉ!ラッキー)一本の丸太から何個もくり抜く事は聞いていたのですが実際に見る事は初めてでした。なんかワクワクしますね!!面白そうで!ってな事言ったら怒られますかね・・・

画像の行程は胴をくり抜きための下準備です。直径60cmはありましたかね。これを女性が鋸を挽きくり抜く事は大変だし、時間がかかるので機械にかけくり抜くそうです。


職人さんたちと接しているのが好きで現場が大好きです。なので初めて見る事には凝視しちゃいますね・・・。


胴.jpg


ドリルで鋸を通すアナを開け機械の鋸が入るだけの鋸道を付けているところです。
ちなみにこの鋸は機械に使用していたモノ再利用してるモノだそうです。


今も昔も自分に合った道具を作る事は変わっていないのですね。
職人さんのそういう所が好きです!!
無いものは「買う」ではなく「創る」これがイイすっねェ〜 日本の原点だと思います!!!



樹と住宅に関する事なら吉田材木店に何でもお任せ下さい!!http://www.yama-tyou.com



posted by やまちょう at 17:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

水無月(ミナツキ)

早いもので今年も半年が経ちました。
今月6月より世話人なる役職を選任されました。

この世話人というのは二十数年前までは町内会を運営する役目のことで任期4年で人数は四人で行われていました。
時代の流れで、なり手不足になり、今では祀り事のみに限定されています。まだなりたてホヤホヤなので詳しい内容はまだ把握していないので詳しくは触れません。(語弊があってはいけないので)

氏神様である五所駒ヶ瀧神社から町人の方に大祓の希望を取り纏めるのも役割の一つです。
この大祓は六月と十二月の年二回があり、水無月に行うのを夏越の祓(なごしのはらえ)と言うそうです。
当町内会は現在約80戸の戸数で11班あります。私が材木や見習いから戻ってきた時には120戸くらいあったと記憶があります。これを4人で割り振り、担当班を決め一戸一戸周り希望を聞き、取り纏めお預かりして神社にお納めします。

袋の中は、守護札と御型代(おんかたしろ)5枚が入っています。御型代に生年月日と氏名を書きそれで身体をなで息を吹きかけて息災の祈りを込め、初穂料と供に袋に納め、お札は玄関などの出入り口の上方にお飾りします。

人型.jpg




五所駒ヶ瀧神社

場所 桜川市真壁町山尾芳ヶ谷499  
日時 平成二十三年六月三十日(木)午後四時齋行 


皆さんも時間がありましたら近くの神社に出向き、参加してみては如何でしょうか?


樹と住宅に関する事なら吉田材木店に何でもお任せ下さい!!http://www.yama-tyou.com



posted by やまちょう at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする